SHOE・BAG探偵局 
 http://shoebag.jp


靴・バッグのコンサルティング会社

アジアリング(株)が運営しています。


 ホーム  コンサルティング  ECサポート  会員サービス  セミナー  水飼茂の「靴店繁盛塾」  アジアリングとは? 地図
 
 コンテンツ
お役立ちリンク集 (靴とバッグに関するリンク)
■靴・バッグのブランドリンク
■リンクの恩返し
■大きな靴、小さな靴のお店
■靴とバッグの学校
■靴・バッグ関連団体
■靴とバッグの博物館
 
靴のポケットブック (お手入れ、サイズの知識)
■靴の用語
■革の種類
■靴のサイズ換算表
■靴ひもの結び方
■靴のお手入れ
■水虫は治る
■足がくさ〜い
 
 靴&バッグのトリビア (靴とバッグの歴史や雑学)
■靴の歴史
■タイムスリップ
■靴のデザイナー
■ガラスの靴
■赤い靴
■魔法の靴
■厚底の変遷
■バッグの語源
■バッグの大先輩

ちょっと笑ってください (死語や笑えるネタコーナー)
■ファッション死語辞典
■笑える靴たち
■こんなバッグがあったら
 

購読無料のメールマガジン 「SHOE・BAG探偵新聞」
全国の店長さんを応援し、すぐに売場で活用できるようなマーケット情報をまとめたメルマガです。皆様からのご登録、お待ちしております。

 こちらからお申込み下さい↓

 


 
 



無料 ホームページテンプレート
 

 過去のメルマガ「バックナンバー」  


〜全国の靴&バッグ店長さんを応援するメールマガジン〜

【店長へ耳寄りな!「靴&バッグ探偵新聞」】

過去のバックナンバー





vol.13  「本当はしゃべりたい/聞いてほしい」
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━11号━2011.6.3━━━━
件名 【店長へ耳寄り!「靴&バッグ探偵新聞」】
差出人 高橋(shoebag探偵局)

┏───────────────────────────────────
┃目次‖◎突撃インタビュー → 「本当はしゃべりたい/聞いてほしい」
┃  ‖◎セミナー案内 → 6月15日「人材教育セミナー」概要 
┃ ‖◎探偵局デスクより → 編集後記

┃発行:アジアリング(shoebag探偵局) 高橋悟史
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ※メルマガ解除、アドレス変更のフォームは、一番最後にあります。
  そちらから、ご自身で登録をお願いいたします



 いつもありがとうございます。


 弊社、アジアリングでは人材教育のセミナーを開催していますが、
 数年前から、
 参加型のワークショップ形式のセミナーを導入しております。


 そもそも「ワークショップ」で勉強とは?
 

 まだまだ馴染みがない方も多いと思います。


 そこで、今回の靴&バッグ探偵新聞では、


 ワークショップの講師を務める、
 アジアリングの川崎(以下、「川崎コーチ」と表記します)に、

 ワークショップの楽しさや魅力について、
 聞いてみました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【突撃インタビュー/「本当はしゃべりたい/聞いてほしい」】 

 ★参加型セミナー「ワークショップ」の面白さ、魅力とは?

------------------------------------------------------------------------


 【Q1 ワークショップとは?】



 私     では、6月15日に開催する「人材教育セミナー」の
       第二講座は今回もワークショップを行いますが、

       そもそも「ワークショップ」とは何なのでしょうか?
     
       ウィキペディアには
       「学びや創造、問題解決、トレーニングの手法」とありますが、
       今ひとつピンときません。



 川崎コーチ 一言で表現するなら、「体験しながら学ぶ場所」です。 


       一般的なセミナーとは、講師が一方通行で話をするので、
       どうしても受講者は受身になりがち。

       その時、得られた知識、情報も時間が経過すると
       多くの部分を忘れると言われます。


       
       ワークショップの体験型では、自身で気づき、思考を動かす事で、
       その時、得られる情報は人にも伝えやすくなります。

       また、セミナーは
      
       「体験、感情が動くと2倍」
     

       受ける情報量が増えると言われるので、
       受講後、すぐに現場や売場で実践しやすい勉強スタイルです。



       また、
       参加者同士が、仲良くなれるのもワークショップの楽しさですね。



 私     確かに、ワークショップ開催後の会場は、
       参加されたみなさんの会話がとてもにぎやかですよね。

       勉強前と勉強後で、ここまで会場の雰囲気が変化する
       セミナーはなかなかないです。







 【Q2 靴、バッグ業界では浸透しているのか?】



 私     販売スキルアップの「ロールプレイング」はよく聞くようになりましたが、
       靴、バッグ業界で「ワークショップ」の導入はまだ少ないのでしょうか?




 川崎コーチ はい。教える人がほとんど業界内にいないので
       私がやってます(笑)

       ロールプレイング(Role Playing)とは、
       役割(ロール)を演じる(プレイ)ことによって気づきを促す学習手法ですが、

       ワークショップで得られるのは、
       自分の内面だったり、相手の内面だったりします。

       
      “自分の中にあるものの選択肢を広げていくもの”

       とも言うことができます。




 私     自分の事を知るというのは、ドキッとしますね。
       ちょっと照れくさい感じもします。





 【Q3 日本人は苦手意識/恥ずかしがりや が多い?】
       


 私     セミナーに参加して、初めて顔を合わせる人たちに
       自分の事を話す、自分をさらけ出すという事は、
       やはり「苦手だ」「照れくさい」と思う人が
       多いのではないでしょうか?
       特に、日本人は。




 川崎コーチ 確かに、日本人は感情表現が苦手。
       恋愛感情の表現も下手くそですよね(笑)




 私     いや〜。その通りかと(苦笑)




 川崎コーチ 古くから日本では、
      「騒ぎ立てるな/わめいてはいけない」などが美徳と
       教わってきたので、無理もありません。


       しかし、日本人の内面はほんとうに“熱い”

       最初は、人に知られたくない、恥ずかしいという気持ちでも、

       本当は、


       「しゃべりたい」

       「人に聞いてもらいたい」


       という気持ちが強いはずです。



       初めて参加する、見知らぬ人たちの前では、
       気持ちに「フタがされている」のは当然です。


       このフタを少しずつ開放していくのがワークショップの役目です。




 私     確かに、最初はカチカチの雰囲気が会場に広がってますが、
       ワークショップ開始して30分くらいすると、
       参加者の“熱い”やりとりが飛び交ってますよね。

       もちろん、私も人一倍、でかい声で参加してますが(笑)
      





 【Q4 ワークショップとの出会いは?】



 私     元々、アジアリングの業務でワークショップを
       行っていた訳ではないのですが、
       川崎コーチのワークショップとの出会いは何でしょう?




 川崎コーチ あらっ、ドキッとする質問(笑)     

       ワークショップの出会いは10年ほど前。
       演劇のワークショップを受けたのが初めてです。
       仕事と言うよりは、自分の趣味として接したわけです。

       幼い頃から演じるのが好きだった私は、目立ちたがりというよりは、

       「表現すること」
      「人に伝えること」

       が大好きです。

       多くの人が集まる中に、
       新たな「気づき/発見」などを持ち帰ってもらえるのが
       とても嬉しいです。


 私     コーチの他の趣味と言えば、ゴスペル(歌)や写真など、
       あ〜、やはり

       「表現するとこ」
       「人に伝えること」  

       ですね。        



 川崎コーチ ホントだ(笑)     





 【Q5 6月15日はどんなワークショップを開催するのか?】



 私     では、6月15日(水曜日)に開催するワークショップは
       どんな内容になるのですか?



 川崎コーチ いよいよ本題ね(笑)



       今回の大きなテーマは、


       “対話力を上げる”


       です。



 
 私     “対話力”とは、アジアリングの他のセミナーでも、

        何度も登場している重要キーワードですね。

        つまり、“対話力アップ”の実践方法でしょうか?



 川崎コーチ はい。

       知識として“対話力を上げる”と理解できても、
       なかなか実践できていない、とよく相談を受けます。


       また、震災後いろんな店長さんたちに話を聞きましたが、


       お客様、関係先、社内スタッフに

       ほんとうに励まされた。
       と言ってました。


       それは、日頃からお客様、関係先、社内スタッフと
      
       きんちと“対話”をしているお店だからだと思います。


       何かと不安の多い世の中だからこそ、
       もう一度、お客様との“対話力”を見直して、

       今回のワークショップで沢山の
      「気づき」を持ち帰って欲しいです。




 私     なんだか涙がでてきました





 川崎コーチ (笑)
       まずは自分の気がつかなかった部分を
       知る事から始めます。

       自分の事、それから相手の事を
       一歩掘り下げる事によって気が付く事を体感してもらいます。

       あと、一番悩んでいる方が多いと思いますが、
       自分が苦手だな〜と思う相手との
       上手なコミュニケーション方法もお教えします。
       
       実は、上手にコミュニケーションを図る
       コツがあるのです。


       
       あなたにもビシビシ手伝ってもらいますから、
       のんびり聞いている場合じゃないよ(笑)




 私     別の涙に変わってきました(泣)     
      
       でも、苦手だと思っている人との
       上手なコミュニケーションのコツは
       とても、興味深いです。



 【Q6 今回のワークショップはどんな方に参加して欲しい?】



 私     では最後に、今回のワークショップは、

       どんな方、どんな立場の方

       に参加して欲しいですか?



 
 川崎コーチ 基本的には、お客様や取引先、スタッフ教育の立場にある

       店長さんに一番、参加して欲しいです。


       また、今回のセミナーを持ち帰って、

       会社に広める、全店舗に広げるという意味では、

       経営者様、人事担当者様の参加がとても嬉しいです。


       
       お店様や企業様の個別出張ワークショップもやっているので、
       今回の出会いをきっかけに、
       そちらも合わせて活用して欲しいです。




 私     ありがとうございました。
       ワークショップの楽しさ、今回の内容がよく分かりました。

       ただし、お手柔らかに(笑)




 ワークショップについてもっと詳しく質問のある方は、
 アジアリング株式会社の川崎知枝宛に直接メールをお願いいたします。
 メールアドレスは↓
 
 chie@asiaring.jp     




 また、前回のワークショップ(2010年6月開催)は、
 「一行キャッチコピー」の作成というテーマで
 開催しました。

 今回の内容とは異なりますが、
 参加された方のご感想を一部、ご紹介します。

 

 ★考えない所を考える。楽しみながらのセミナーは
 やりやすいです(靴卸様)

 ★自分の頭のカタサを感じました。今回のセミナー
 を参考に楽しい売場を作っていきたいです(靴小売様)

 ★自分とは異なる考えが聞けてとても勉強になりま
 した。頭の柔軟性も必要だと感じました(名前無記入様)

 ★体験型は初めてでとても良かったです。楽しく納
 得する事ができました(バッグ小売店様)

 ★他業界の方々と会えて、いろいろお話できたのは
 良かった。苦手なキャッチコピーづくりが楽しみに
 なりました(靴メーカー卸様)

 ★とにかくおもしろい、楽しい。これでお客様の販
 売UPを目指します(靴小売店様)

 ★自分では分かっていてもスタッフにどう教えてい
 いかわからなかった事が、店舗に帰って教えられる
 気がした(名前無記入様)



 皆様からの貴重なご意見、ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
************************************

     〜2011年6月15日(水曜日)アジアリング主催〜

        “人材育成セミナー”開催です。
   
************************************
------------------------------------------------------------------------


 上記、インタビューで紹介させていただいた、

 ワークショップ講座を含めた「人材育成セミナー」のご案内です。


 未曾有の大震災が起こり、日本全体に衝撃が走りました。
 この震災は決して対岸の火事ではありません。

 何時、何処で災害が起こるか分からないのです。

 こういう時代だからこそ、普段からの備えが必要であり、
 それを実行できる強い店長の存在が不可欠です。

 そのためのポイントのご紹介と、
 ワークショップを組み合わせたセミナーです。
 是非ご参加ください。





 セミナー内容は以下です
 ↓↓↓


 ≪第一講座≫ 講師 坪谷聡子
 10:30〜12:00
 〜非常時に必要な人材と備え〜
 
 ↓講師からごあいさつ↓

 非常時に必要な店長の資質、行動とは何か。
 また日頃から会社としてどういうことを考え、
 どういった備えをしておかなければいけないのか。

 この機会に見直し、
 用意をしておくことなどをご紹介いたします。
 



 
 ≪第二講座≫ 講師 川崎 智枝 
13:00〜16:00
 〜「“対話力”を上げる」ワークショップ〜
 
 ↓講師からごあいさつ↓

 日頃からお客様との「対話力」を磨いて実行している店は、
 いざという事態が起きてもお客様と繋がりつづけることができます。

 こんな時代だからこそ実店舗に求められているのは「対話する」楽しさ。
 客単価アップのキーとしても不可欠です。

 自分と相手の共通点を見つけ信頼関係を築きながら、
 「対話力」を高めていくワークショップです。







 ___セミナー概要___

 日  時   2011年 6月15日(水曜日)
 
会  場   すみだ産業会館 9階 第4会議室
       東京都墨田区江東橋3丁目9番10号
       電話 03-3635-4351
        http://www.sumidasangyokaikan.jp/data/accessmap.html
 
交  通   JR 錦糸町駅 南口より徒歩1分
 
受 講 料   23,000円  (消費税込み)
        ※商品情報会員様は1名様、無料ご招待です
 
 定  員   50(先着順となります)

主  催   アジアリング株式会社

問 合 せ 電話 03-3505-6721



 ★★★
 セミナーのお申込はコチラから↓
 http://www.shoebag.jp/seminar-promotion.html

 お問い合わせはこちら宛まで↓
 info@shoebag.jp


 お申込みをお待ちしております。



------------------------------------------------------------------------

〜探偵局デスクより(編集後記)〜


 今回はまだまだ苦手意識が強いであろう、

 参加型のワークショップを

 講師(コーチ)を努める、川崎に話を聞く形で

 紹介させていただきました。


 正直、私もはじめは、初対面の人に、

 いろいろと自分の話をしたり、
 聞いてもらう事に抵抗がありました。


 しかし、自分の事を考え直す、

 相手の事を知るキッカケを作るという意味で、

 この経験が、今の仕事に業務にも、

 大いに活かされている事を痛感します。



 また、(大事なところです) 

 個人情報や企業情報漏洩の心配もあるかと思いますが、
 ワークショップ参加者の皆様には、

 守秘義務がありここで参加者の意見や情報は、
 ワークショップの会場のみで共有する事。
 それ以外には持ち出さない

 という承諾をいただいて行います。

 安心してご参加ください。
 




 靴とバッグのコミュニティサイト「SHOEBAG探偵局」
 http://www.shoebag.jp/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Copyright (C) 2011 asiaring,Inc. All Rights Reserved.


過去のバックナンバー】一覧へ
メルマガ申込みフォーム】へ




靴とバッグの情報満載!
「SHOE・BAG探偵局」トップページ
(ホームへ)






copyright 2011 © asiaring inc, all right reserved